永井真理子は現在も可愛かった!旦那や子供は?音楽活動を再開した?

Pocket

「ミラクル・ガール」や「ZUTTO」のヒット曲で知られる永井真理子さん。

当時はショートカットがチャームポイントで可愛かったですよね。

そんな彼女は現在どうしてるのでしょうか?

今も可愛かった!

旦那もミュージシャン!

音楽活動再開!

ってほんまかいな?

プロフィール

永井真理子(ながいまりこ)

本名:濱田真理子(旧姓:永井)

生年月日:1966年12月4日

出身地:静岡県御殿場市

実家は静岡県御殿場市で美容室を営んでいたが、父が病気であったことや家庭を思い、美容室を継ぐか迷っていた。しかし母により、広い世界を見てそれから自身の人生を選択するように助言され、子供が好きなこともあり、まずは保育士を目指して短大進学とともに上京する。

日本女子体育短期大学保育科卒業を卒業されているようです。

都内での暮らしは楽なものではなかったが、自身には夢があり、そのような暮らしは苦にならなかったという。大学では音楽活動もしたいと思っており、知り合いの紹介で中央大学のバンド「WIZARD」にコーラスとして加わる。やがて「WIZARD」のボーカルが辞め、永井がボーカルを務めることになった。このバンドでの経験により、永井は音楽の世界に魅せられその活動に没頭した。ところが、後に「WIZARD」は解散してしまう。

 

永井は音楽を諦められず、自ら後に契約することになるファンハウス(現:アリオラジャパン)へデモテープを持参した。デモテープを聴いた同社の音楽関係者から好感触を得て、永井の通っていた大学の学園祭で、自身のライブを見てもらうことになった。永井は即席のバンド「Dance」を結成しライブを行ったが、この中には後に永井に多くの楽曲を提供することになる前田克樹の姿もあった。ライブの翌日に音楽関係者より連絡があり、デビューを前提にアルバム上機嫌の制作を行うことになった。ただ、大学は辞めずにレコーディングなどを行い、大学卒業後の1987年にファンハウス(現:アリオラジャパン)より「oh,ムーンライト」でデビューした。デビュー後の1980年代後半から1990年代前半にかけ、ボーイッシュな雰囲気で人気を得て、「ミラクル・ガール」(1989年)、「ZUTTO」(1990年)など多くのヒット曲を生んだ。

 

現在はどうなってる?

現在の永井さんがこちら。

いやー美しいですね!

ボーイッシュから美熟女へと変貌しておりました!

 

歌手活動はされているのでしょうか?

2017年6月24日、デビュー30周年を記念して2006年以来、実に11年ぶりとなる新曲(ミニ・アルバム)『Life is beautiful』を自身のデビュー日にあたる7月22日に配信限定としてリリースをし、10月には東京・Last Waltz by shiosaiにてスペシャルライブを開催されるなど本格的に歌手活動を再開することが決定した。

ツイッター、インスタ、アメブロもされていますので、要チェックですね!

今後とも、歌手活動を精力的に行うようで楽しみです。

 

結婚してるの?子供は?

永井真理子さんは、27歳の時に1993年ヒステリックママの廣田コージさん結婚。

廣田コージさんって正直、誰?ってですが、実は結構有名は人でCozziや廣田コージで、永井真理子さんやERIKAさんやYUINAさんに音楽を提供している福岡出身のギタリスト&プロデューサーなんです。

やはりご結婚はされていたようです。

では、お子さんはいるのでしょうか?

 

こちらは1996年に長男を出産したようです。

お名前は「裕亜さん」。

「ゆうあ」と読むみたいです。

かっこいい名前ですよねー!

お子さんは一人だけのようです。

こんなキレイなお母さんでうらやましいですね!

 

まとめ

歌手の永井真理子さんは、1993年に結婚し、1996年に長男を出産されていました。

そして、2017年より歌手活動を再開していたということが分かりました。

今後の活躍に期待ですね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です