木下ほうかは韓国人?ヤンキー時代の写真や本名が凄い?骨髄バンクドナーで幸福の科学信者?

Pocket

遅咲きの俳優として活躍中の木下ほうかさん。

ドラマ「昼顔」や、バラエティー番組「痛快TV スカッとジャパン」のイヤミ課長役などで人気ですよね。

今回はそんな木下ほうかさんの気になる噂について記事にまとめてみました。

韓国人だった!

ヤンキー時代の写真や本名が凄い!

骨髄バンクドナーで幸福の科学の信者!

ってほんまかいな!?

プロフィール

木下ほうか(きのしたほうか)

 

生年月日:1964年1月24日

血液型:O型

身長:173cm

出身地:大阪府大東市

出身高校:大阪府立野崎高等学校

出身大学:大阪芸術大学舞台芸術学科

父は一級建築士で、プールのある豪邸に住み、裕福な家庭に育った。子供時代は丘の上にある自宅から優越感に浸りながら下を見下ろして暮らしていた。

なんと、お金持ちのお坊ちゃんだったようです。

さらに、子供の時がめちゃくちゃかわいかったんだとか。

見るからに、お坊ちゃんって感じですよね!

小学校に上がった木下ほうかさんは美少年として有名だったそうで、通学途中に女子中学生から構われたりバレンタインデーにはチョコレートを貰ったりしていたそうです。

相当モテモテの小学生時代を過ごしていたようですね。

お金持ちのお坊ちゃんで、この容姿なら頷けますね!

1980年(昭和55年)、16歳のときに映画『ガキ帝国』のオーディションの新聞広告を見て応募し、合格をきっかけに同作品で俳優デビューする。

高校生の時に俳優としてデビューしていたんですね!

オーディションで合格とは、当時から何か光るものを持っていたんでしょね。

 

事務所は吉本興業だった?

その後、大阪芸術大学を卒業後、吉本興業大阪本社に入社し、吉本新喜劇に入団した。しかし新喜劇の舞台では目立つ存在になれず、加えて1980年代の新喜劇低迷期時代と重なり3年で退団した。

最初は吉本興業所属だったんですね。

大阪という土地柄のせいでしょうか。

吉本時代から島田紳助と親しくしており、上京を決めたのも「ほうか、役者をやりたいんやったら、やっぱ東京行かなあかんやろ?」という島田からの助言によるもので、上京後の下積み時代も頻繁に手料理を振る舞ってもらっていた。

役者を目指して上京したのは、島田紳助さんの助言からだったようです。

この助言がなければ、今頃どうなっていたのでしょう?

 

1989年(昭和64/平成元年)、井筒和幸を頼って上京。マツ・カンパニーを経て、2011年(平成23年)にキャストパワーに所属している。当初はVシネマを中心に活動していたが、近年はテレビドラマやバラエティ番組への出演も増えており、人気バイプレイヤーの一人として活躍している。

最近では、ドラマやバラエティー等で大活躍ですよね。

上京後は、業界関係者やプロデューサーなどの飲み会に積極的に参加し、女性を同伴してプロデューサーに気に入られる作戦をとったり、名刺を配るなどして人脈を広げた。また、あえて才能のある後輩を紹介することで関係者の信頼を徐々に獲得していった。『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』は、配布した名刺がきっかけで出演することとなった。

このような地道な活動の積み重ねで今の活躍があるんですね!

まさに、「小さなことからコツコツと」といったところでしょうか。

私も見習いたいところです。

 

韓国人なの?

気になる噂のひとつが韓国人なのか?ということです。

これについては、本名から紐解いていきたいと思います。

本名は?

本名は、木下鳳華(きのしたほうか)なんです。

下の名前だけ平仮名にして芸名にしてるんですね。

この木下という性ですが、朴(パク)性の在日韓国人が通名として多く使用される性なんです。

実際に、自身初主演の映画『sWinG maN(スイングマン)』ではプロデューサーとしてもクレジットされ朴鳳華(パクホウカ)の名義を使用しています。

このことからも、在日韓国人である可能性は高いと思います。

ただ、出身地は大阪府であり、実家も豪邸でお父さんは建築士ということなので、2世または3世の在日韓国人ではないでしょうか。

 

寺島進が木下ほうかを朝鮮人だと示唆?

PS4用ソフト『龍が如く 極2』の新作発表会で同作に出演している寺島進さんが「ステージに上がっている何人かは朝鮮人」だと発言して物議をかもしましたが、その中に「木下ほうかさんが入っているのでは?」と話題となりました。

実際に以下のような発言を行ったようです。

今日、ステージに上がっている何人かは朝鮮人なんで、あのー、ほんと朝鮮からミサイル飛ばさないように願っているだけでございます。よろしくお願いします。

どのような意図があっての発言かは不明ですが、朝鮮に対して「あなたの同胞もいるので、日本には打たないで」ということなんでしょうか。

決して、人種差別的な発言ではないと思いますが、この発言時に舞台上に木下さんもいたため、韓国人では?との噂に拍車がかかったようですね。

 

ヤンキー時代の写真が凄い?

小学生時代は美少年でモテモテのお坊ちゃんだったのに、ヤンキーになってしまった!?

これは事実なんでしょうか?

見事なヤンキーぷりです!

バイクにまたがり、剃りこみもバッチリ入ってます!

あの美少年はいったいどこに!?って感じですよね。

高校に入学した時期にツッパリブームが来たみたいなんです。

そこで木下さんも、リーゼントに剃りこみとツッパリファッションをしたんだとか。

ただ、流行に乗っかっただけで、いわゆる不良というやつでは無かったようです。

でも、傍から見たら完全に不良ですよね。

バイクにまたがっていますが、今でもバイクは趣味なようで、乗り回しているようです。

こちらはハーレーですね!

バイクにも相当お金を突っ込んでいるんだとか。

私もバイクに乗りますが、こんだけ金を突っ込めるとは羨ましいかぎりです。

また、つるの剛士さんのブログでも、一緒にバイクに乗っているのが紹介されています。

 

つるの剛士公式ブログ

 

今でもバイクライフをエンジョイされているようですね!

 

骨髄バンクのドナー登録をしている?

俳優の木下ほうかが10日に放送されたTBS系「爆報!THEフライデー」で、骨髄提供を行った過去を公表したことで、ドナー登録に関して通常の20倍以上の問い合わせがあったことが13日、分かった。日本骨髄バンクの公式ツイッターで明かされた。

通常の20倍以上の問い合わせとは凄いですよね!

さすがは、テレビの力といったところでしょうか。

しかも、実際に骨髄を提供しています!

木下が出演した「爆報!THEフライデー」では、木下が実際に関東在住の男性に骨髄を提供した経緯を再現ドラマで紹介。最初は移植手術までの過密日程や、周囲の反対などの理由で骨髄提供を断ろうとしたが、急性骨髄性白血病で亡くなった本田美奈子.さんの存在をきっかけに骨髄提供を決意したことなどが紹介された。

私もドナー登録はしていますが、実際に骨髄を提供するとなるとやはり考えてしまいます。

木下さんは芸能人として大変お忙しい中、骨髄移植を行ったのは尊敬以外の何ものでもありません。

骨髄バンクについては、木下さんの公式ブログでも語られています。

 

木下ほうか公式ブログ

 

まさに、頭が下がる思いです。

私にも、もしドナーが現れたら骨髄提供したいと思います。

 

幸福の科学の信者なの?

検索ワードで「幸福の科学」と出てきますが、これはいったいどういうことなんでしょうか?

もしかして信者なの?との噂ですが、これについては信者である情報はありませんでした。

特定の信仰宗教も無いようなので、ただの噂のようです。

では、なぜ幸福の科学のワードが出てくるのか?

これは、幸福の科学の映画に出演されたからみたいなんです。

なんと、大川隆法さんの若い時の父親役なんですね。

どうやら、大川さんの父親と木下さんがソックリらしいのです。

そんなこともあって、映画出演の依頼が来たのでしょう。

検索ワードで出てくるのは、この映画出演があったからだと推測されます。

 

まとめ

木下ほうかさんは、在日韓国人の可能性が高く、実家は金持ちでお坊ちゃんだったことが分かりました。

また、骨髄を提供しており、幸福の科学の信者では無いということです。

やはり、ヤンキーファッションがインパクト大ですが。

今後の活躍にも大いに期待です!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です