さかなクンの帽子なし画像がイケメン?結婚してるが離婚もしてる?

Pocket

「ぎょぎょぎょー!」のフレーズでおなじみのさかなクン。

魚の生態や料理法など、魚についての様々な豊富な知識はほんとスゴイですよね!

今回は、そんなさかなクンの気になる噂について記事にまとめてみました。

結婚してるが離婚もしてる!

帽子をとったらイケメン!

ってほんまかいな!?

プロフィール

さかなクン

 

本名:宮澤 正之(みやざわ まさゆき)

生年月日:1975年8月6日

出身地:神奈川県

出身校:日本動物植物専門学院

 

2006年に東京海洋大学客員准教授に就任

講演や著作活動しながら、タレント活動もしています。

また、一般の講演活動では、オリジナルのイラストを活用しながら広い世代にも分かりやすく説明しており、非常に分かりやすくて好評なんです。

さかなの絵もほんと上手ですよね!

さかなへの愛がとっても感じられるイラストで見ているだけで癒されてしまいます。

 

中学校3年生のときに学校で飼育していたカブトガニ19個体の人工孵化に成功した。カブトガニの人工孵化は非常に珍しく、新聞にも取り上げられた。「水槽が狭くてかわいそうだなあ」という理由で決まった時間に外に出していたら、カブトガニがそれを潮の満ち引きと誤認したのが原因だという。

中学生の時点で新聞に取り上げられるほどの成果を出したとはすごいことですよね!

また理由がさかなクンの優しさが溢れ出ています。

 

1993年、高校3年生の時にテレビ東京系のバラエティ番組『TVチャンピオン』の「第3回全国魚通選手権」で準優勝したことを皮切りに、その後同番組で5連覇を達成し、殿堂入りを果たす。その後は、同番組の問題用イラストを提供したり、スタジオゲストや判定員、時には挑戦者の相手役兼審判にまわって魚通選手権に登場した。現在の芸名である「さかなクン」は同番組でラウンドMC(リポーター)を務めていた中村有志が名づけた。

現在の芸名はテレビ番組に出演していたことがきっかけだったんですね。

ちなみにこの時はまだトレードマークの帽子はかぶっていませんでした。

当時は、魚通天才高校生として大活躍していました。

すでに、現在のキャラクターと変わらず、おなじみの甲高い声で人気を博していました。

 

家族構成は?

さかなクンはご両親と兄の4人家族になります。

お父さんはなんと、囲碁棋士の九段の宮沢吾朗さんなのです。

お父さんも優しそうな感じの方ですよね。

ですが、囲碁の対局になると鋭い着眼で猛攻を仕掛ける剛腕家なんです。

アマチュア時代から高い人気だったようで、心酔するファンも多いようです。

趣味は50歳を超えてから始めたバイクらしいです。

 

お母さんについては画像はありませんでしたが、心温まるエピソードがあります。

小学校に入学してからのある日、さかなクンのノートに級友が“タコ”の絵をいたずら描きした。タコという生き物を知らなかったさかなクンはそのユニークな姿に興味を持ち、母に「タコの実物が見たいから買ってきて」と何度も頼むようになる。最初は丸ごと1匹のマダコではなく、大人の手のひらに収まるような小さなタコを購入して渡した。すると、さかなクンは「可愛いなぁ」とうっとりしながら虫眼鏡でタコを観察し、吸盤の数を数えながら一生懸命に描いていたという。その様子に母は「息子の好奇心を大切にしたい」と思い、一緒に鮮魚店に出かけてマダコを買うことに。だが、それ以来マダコを頻繁に購入したため、夕食のおかずはほぼ毎日タコが並ぶこととなり1か月間も続いたそうだ。

やがて母は「泳いでいる本物のタコを息子に見せてあげたい」と願い、一緒に水族館へ向かった。そこでさかなクンの目に飛び込んできたのは、色とりどりの無数の魚たち。特に気に入ったのは、大きな魚にぶつかっても小さなヒレで必死に泳いでいたハコフグだ。現在、さかなクンのトレードマークになっている、帽子のモデルである。

現在のさかなクンがあるのは、まさにお母さんのおかげともいって言いんじゃないでしょうか。

子供の感性を大事にして、それを伸ばすように育てるとはなかなかできないものです。

実際にさかなクンが小学生の時は成績もあまり良くなく、先生に「もっと勉強させたほうが良いのでは?」とも言われたようですが、息子の為の魚サポートは中学生になる頃まで続けており、カブトガニでの表彰までになったんですね。

また、お母さんはこのような言葉も残しております。

「一番大切なのは、好きなことを自由にやらせてあげること」

このような母の信念にネット上では大絶賛でした。

 

さかなクンには2つ年上のお兄さんがいます。

一時、ジャニーズで似ている方がいたので兄弟では?と言われたことがありましたが、それは完全にガセでした。

名前や画像はわかりませんが、トランペットが趣味のようです。

そのお兄さんにも心温まるエピソードがあります。

それは、初めてテレビ出演したTVチャンピオンの第三回魚通選手権で準優勝した時のことです。

この時は、決勝戦でフランスのブイヤスープを飲んで、使われた魚の出汁7種類全てを答えろというものだったんです。

しかし、さかなクンはこの時初めてブイヤスープを飲んだらしく、結局は答えることができなくて敗れてしまったのです。

そんな弟を見た兄は、アルバイトでお金で貯めてさかなクンをフランス料理屋に連れていって味の勉強を手伝ってくれたんです。

なんて優しいお兄さんなのでしょうか!

その甲斐もあって、後に大会5連覇という偉業を達成したのです。

 

本当に優しい家族ですよね!

では、さかなクンの現在は家族を持っているのでしょうか?

 

結婚してるが離婚もしてる?

ネット上では結婚しているとか離婚しているとの噂がありますが実際のところ、これは真実なのでしょうか?

結論から言いますと、さかなクンは結婚も離婚もしていませんでした。

ただのガセネタだったというわけですね。

というのも、テレビ番組に出演して、母校の生徒に質問された際に完全否定しているのです。

「ネットで調べたんですけど、結婚していて子どもがいるって書いてあった。本当はどうなんですか?」と聞かれると「そうだといいんですけどね。ネットを信じちゃいけないギョ~」と飛び跳ねながら答え「赤ちゃんもいなければ、奥さんもいない。何にもいないんですよ~」と噂を否定していた。

とはいえ、今まで彼女もおらず、ずっと独りだったんでしょうか?

 

そんな、さかなクンにもデート報道があったんです。

お相手はサックス奏者の小林香織さんです。

きれいな方ですよねー!

1981年生まれということなので、さかなクンの6つ下ということになりますね。

小林さんは、アジア各国で活躍しているサックスプレーヤーで、タイのサックス協会からは、アジア一美しいサックスプレーヤーの称号を受けたほどなんですね。

そんな彼女と、このような報道があります。

午後9時を過ぎてもまだ蒸し暑かったこの夜だが、カフェに場所を移しても2人の笑顔は絶えない。午後10時、閉店時間となったところで店を後に。名残り惜しそうに互いに持ってきたプレゼントを交換し、この夜はここで解散。それぞれの家路についたのだった。ちなみに、さかなクンから小林へのプレゼントは、大手水産会社の魚肉ソーセージだった。さすが、徹底している。後日、本誌は2人の関係を所属事務所に問い合わせたが、ともに「音楽仲間」だと回答。だが、2人はただの仲間ではない。語り合う夢があるのだ。

さかなクンは中学生の時に吹奏楽部に所属しており、サックスの収集家でもあるようなんですね。

また、小林さんのアルバムにゲストミュージシャンとしても参加しております。

さかなクンです!! 貴重なギョ機会を頂きまして、心から!! ありがとうギョざいます。
むちゃくちゃ嬉しくて嬉しくて、何回も何回も繰り返して聴かせて頂いています。
小林先生の音色は、美しくて、艶やかで、心があらわれて、ウキウキします♪
これからも、音楽の機会をギョ一緒させてください!! 何卒!! 宜しくお願いいたします!!

このようなコメントも残しており、熱愛というよりも、音楽友達としてお互いリスペクトしているという関係なのではないのでしょうか。

いつかゴールインなんて日が来るのでしょうか!?

 

帽子を取ったらイケメン?

いつも、ハコフグ帽子を被っているさかなクンですが、帽子を取ったらイケメンなんだとか。

これについては、画像で検証してみましょう。

 

 

いやー、イケメンじゃないですか!

また、ジャニーズの中山優馬さんと似ていると話題になったことも。

確かに似ていますね!

 

今後ともさかなクンの活躍に期待ですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です